政治資金パーティーとフリースクール #不登校

 前にも書いたが、政治資金の白紙領収書が話題になっているようなので改めて。政治資金パーティーとは、政党や政治団体などが政治活動資金の調達手段を目的として開催されるパーティーのこと。こんな薄汚いモノに、非営利団体である、貧乏フリースクールが関係するわけない、と思っていたが、間違いだった。ずぶずぶの関係だった。喜々として政治資金パーティーに参加していることが発覚したのは、2015年の11月のことです。

「多様な学び保障法を実現する会」のメンバー

 度肝を抜く一枚の写真をブログに発見。馳浩議員(当時・文科大臣)と仲間たち。「多様な学び保障法を実現する会」のメンバーとの説明がありますから人違いではありません。子どもに寄り添わず、権力に擦り寄っていたのです。東京インターハイスクールというフリースクールのブログに載っています。

 馳浩議員のブログ、はせ日記の11/9の記事に当日のことが書かれています。18時00分、キャピタル東急ホテル一階鳳凰の間、「馳浩国会議員在職20周年記念政経セミナー&出版記念パーティ」と。確かにおこなわれている。やはりその時の写真なのです。

 ひょっとしたら政治資金パーティーではなく、目的はただ、金屏風を愛する者の集い、だったかも知れない、その可能性もあるかなーなんて思ってはいなかったですが、断定は保留していました。しかし確定した。平成28年10月17日(月) 午後6時30分よりザ・キャピトルホテル東急 1F「鳳凰」で政治金パーティーの開催のお知らせが、馳浩議員の公式サイトにどーんと告知されいています。毎年やっているシリーズ物だったのです。

 参加費、20000円。政治家が金を集めて、白紙の領収書を切り、裏金をつくるのです。その一役を担うのが、フリースクールの、教育機会確保法案に賛成している連中のなのです。

 とりあえず忘れないように、急いで書いた。誤字脱字あると思いますが、とりあえずメモとして書きちらしておく。


この記事へのコメント

  1. パーティーの参加費はどこからの支出なんでしょうかね?
    個人の支出?団体からの支出?
    昔から、いっしよ「不登校運動」をしてきた仲間の話しはきかず、仲間の悪口を言ってまわり、インターナショナルフリースクール?とか、体罰教師と話をする。
    法律の内容は勿論ですが、推進している皆さん(写真のかたたち)のやり方が、悲しくて、悔しくて、情けないです。
    こんな人達に子どもの権利とか言ってほしくない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です