進路相談を断られる

 甥っ子長男坊が半年ぶりくらいに家にやってきました。中学3年生の受験生です。勝山おじさんは待っておりました、まだかまだかとアリジゴクのように甥っ子長男坊の来訪を待ちわびていたのです。

 さあさあ、お聞きなさい、おじさんにお聞きなさい、神の進路相談をしてあげるからと、ずいずいと高校受験についてせまったのですが、「もう決まったから、結構です」といって、おじさんの押しつけをぽーんと突っぱねるのです。

 おじさんは食いさがり進路相談に関しては神の領域にいる、気が変わったらいつでも相談しにきなさいと、念を押しましたが、「もう決まったから、結構です」とふたたび断られてしまいました。

 ひそかに県内の高校を調べ上げ、完璧な進路(家から近くて、最小の学力で行けるところ)を見つけておいたのに…、披露するこく終了です。残念ですが、まだチャンスはある、〝ひま太郎〟こと小学生の甥っ子次男坊です。一子相伝の、オッズに合う勝ち組進路相談は、3年後におあずけになりましたぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です