love寂聴 第9号 発行

 love寂聴 第9号を作りました。7月に第8号を発行して、これで一息つけるかと思いきや、まさかの寂聴先生、腰部圧迫骨折再発、さらに追い打ちをかけるように胆嚢癌になるという、大変なことになってきました。ニュースにもなっていましたね。

 前号では元気で死ぬ気配もないと書いたのに、発行直後に、死神に取り憑かれているとしか思えない急展開をみせております。心配なのは、今までの寂聴先生と違って、自然治癒を待つのではなく、病院で手術を受けているところです。「手術して良くなった人を見たことがない」といって、腰もひざも断固手術を受けずにきた寂聴先生がですよ、腰にはセメント注射、癌は切って治すという、「患者よ戦うぞ」と言わんばかりに、手術連発なのです(しかも手術後も腰痛はおさまらない)。

 切った貼ったが好きな医者を遠ざけ、すべて気合で治してきた寂聴先生らしからぬ態度に、さすがの寂聴先生も老いたか……と寂しくなります。元気という病気が、治っってしまったのかもしれません。

 ばーん。カラー版を108冊作りましたから、在庫は充分にあります。一冊10円ですので、寂聴ぷりーずと声をかけてください。次こそ追悼号だ、と言い続けてもう9号まで来ましたが、今度こそでございすます。ああ俺たちの寂聴先生が、そんな大いなる悲しみにそなえての、心の準備号ですぞ。

love寂聴 特設ページ


この記事へのコメント

  1. 一昨年の10月に共育学舎で一緒だった、辻と申します。(山下耕平の子分です。)
    「寂聴 ぷりーず」
    過去の余っているのがあれば、全部欲しいです。代金は、山下に預けるというのでどうでしょうか?追悼号は、我らが寂聴先生がお亡くなりになられたときに、作るのが良いかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です