ひき☆スタ

 ばーん。ひきこもり当事者のためのコミュニティサイト、「ひき☆スタ」がオープンしました。神奈川県の事業でありながら、アニメ調のデザイン。コンセプトが「まず、ありのままを肯定する〜社会にひきこもりからメッセージを」というところが、今までの支援サイトと違って、なかなか勝負しています。

 私も恥ずかしながら、せつないかもしれないに続いて、今回も動画を撮りました。http://hkst.gr.jp/housou/263/←ここで見れるよ。動画はすべて1回3分くらいにしてあります。3分という時間のしばりがあったほうが、だらだらしなくて面白くなるという私のアイディアです、どうよ。自分のツラと声を見るは辛く恥ずかしいので、皆さんがみて、私にそっと感想を教えてください。

 当事者の声って、インターネット上にあふれているじゃないですか。ブログやツイッター、ニコニコ動画、2ちゃんねるなどなど。人生のドツボにはまった、ひきこもりの生の声はどういうわけか、ひきこもり支援に反映されず、予算はひたすら就労支援団体の就労訓練にだけ使われる。

 支援者が語る当事者の気持ちや、自称ジャーナリストが取材した当事者の声ばかり相手にする。なぜ、直接ひきこもり本人が、書いたり、話したりすることを、格下に見るのか。だからこそ、ひき☆スタが、神奈川県の行政支援とひきこもり当事者を直結するような場になったらいいなと期待しています。いいドツボを持っている方は、是非文章なり、動画なり、投稿してみてください。今のところ始まったばかりでスカスカですよ。


この記事へのコメント

  1. まあ、みなさん。ひきこもり業界の
    裏事情。いずれひきこもり噂の真相という
    イベントでも開いて語り合いたいですね。
    コメント欄ではもうこれ以上は
    だせないかな…勘弁してください。

  2. ご無沙汰しております。
    私も210さんと同じ気持ちで、こんなもの信用出来ません。
    今朝の新聞の神奈川版にもこれが載っていましたが、あまりにもふざけ過ぎですよ。
    ひきこもり・ニートをオタクやネットと絡めている時点で大バカです。
    サブカルに夢中になれるような精神的・経済的余裕のある人ばかりではありませんし、新聞に「ひきこもりのネット利用率が高い点に着目した」とありましたが、これも前提が間違っている。
    だって働いている私でさえ、家でネットが出来るようになってまだ間もないのですから、ひきこもりは裕福だとか、親の脛かじりと決め付けるなんて失礼な話です。
    ニコニコ動画と連携もするらしいですが、あそこはニートをネタにして笑いものにする右翼どもの巣窟ではありませんか。
    ひきこもりの敵にはなれど、味方にはなり得ません。
    それから210さん、オールニートニッポンはどうやら終了したみたいですね。
    公式サイトが消滅していますから。
    ちなみに、あれを運営していた団体『NEWVERY』はブラックですよ。
    元々上から目線ですし、『育て上げネット』の工藤ジュニアと親しくしている時点でロクなものじゃない。
    ANNのパーソナリティだった白井勝美さんという方を散々モルモットにした挙句に放逐したのは、ウィキペディアにも書かれるほど有名な話です。

  3. ひきこもりシェルターもいいですね。
    私は直接ひきこもりにお金を渡すのが一番だと
    思っちょります。
    自分の声は聞きなれないせいもあるけど
    気持ち悪いですよ。
    神奈川県とニコニコ動画とのコラボレーションと
    いうところが目新しくて面白いところです。
    まあ、神奈川県はお金を出すだけですけど。

  4. 動画を拝見しました。
    たしかにネットを使ったゆるいつながり、つかず離れずの関係は非常に心地よいですね。
    あと衝撃を受けたのがひき☆スタ動画の提供が神奈川県という事です。
    正直驚きました。

  5. 久々に勝山さんの肉声を聞きました。私は「いい声だなぁ」と思うのですが。勝山さんの声を聴くと安心します。

  6. 短期・日雇いの仕事すら斡旋しない役立たずなサポステ、偽善的な作家やジャーナリスト・マズゴミ・DQN支援団体などに傷つけられ続けたせいか、今回の取り組みにはどうも良い目で見れません・・・。
    家を追い出される手前のヒキ当事者が駆け込めるシェルターを作ったほうがまだ役立つんじゃないかと思いました。
    それはさておき、ひき☆スタに近い活動を既にやってたオールニートニッポンはもう完全に終了したのでしょうか?
    だとしたら残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です