短所

 短所は直らないということを発見しました。自分自身、実際ずっと同じ。欠点キープオンじゃないですか。短所は直らないということを前提として、教育をおこなえばいいんじゃないかな。残暑もきびしいので、こんなつぶやきで許してください。

ハシビロコウ


この記事へのコメント

  1. 苦手を克服したところで、それが
    特技になるわけでもなし、落ちこぼれのままですからねえ。
    畑は休み休み、気が向いたときにやっていますよ。
    暑いんだもん。藁ほしいですねえ。畳を解体する手間が省けます。
    メールアドレスを書くと暗号を読み取るの、意味がわからないなあ。
    katsuyama(あっとまーく)takechiyo.netですよ。
    欠点はなくならないどころか、
    パワーアップするよねえ。みんな認めるべきですよ。

  2. 隙のない、それでいて愛すべき人いや鳥ハシビロコウさんと較べたら大方の人間は欠点だらけですよ。その上、年を取ると気の短い人はより短く、嫉妬深い人はより嫉妬深く、助平な人はより助平になるというらしいですから、暗澹たる気持ちになります。無駄な抵抗はやめて、あるがままを見つめた方が、ハシビロコウさんに近づけそうです。

  3. 弱みは強みだからね。
    かっちゃんの、以前のブログ見ていたら、畑のことが書いてありました。今でもやっているのですか?藁あるよ。農家だから。買いに来る人もいる。メール送るコツわかりました。メールアドレスを書くと、暗号をちゃんと読みとっているはずなのに、いつまでたっても続けて、送れないのです。意味解りますか?yahooメールだからかな?

  4. いつもながら、問題提起と見識の的確さには敬服致します
    私は、「苦手を克服する」という、主に義務教育課程における美談をかなり疑っております
    そして、これは時に安物ドキュメンタリーの「泣かせどころ」になったりもしてますね
    「苦手を克服する」よりも、「得意なものを伸ばす」ほうが、自然で健全なのは言うまでもなく、教育者には「角を矯めて牛を殺すなかれ」、の教訓を常に念頭に置いて頂きたいものです

  5. 短所ってその人の個性だから
    それを生かしていくしかないんだあ。
    己れというものが、よく分かっていないようですな。
    それでも、全然困ってないようなので、素晴らしい。

  6. わたしは自分の短所が何なのかわかりません。
    勝山さんは短所が直らないという自覚がおありになるので、凄いなと思いました。
    もしかしたら、短所を忘れるというのがわたしの短所なのかもしれませんね。

  7. 短所は長所に通じる。そう、この子の個性、大仰に言えば
    “特殊能力”が隠されている(かも知れない)、そう信じて、
    一人ひとりに合わせた教え方をする…それが教育者の本来の
    姿であろうかと。で、すかさず、その逆も真なり、と、舞い
    上がった反動で墜落しないよう、しっかりと釘も刺しておく。
    「才は才に滅ぶ」の言葉もある…。
    自分は慢性的睡眠不足とエアコン無し住宅で、軽中度の熱中症
    ぎみにより、今宵はこれで終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です