内閣府主催公開講座「ひきこもりを考える」について 1

 けなしてみようと思う。平成22年2月13日(土)に東京大学、安田講堂でおこなわれた内閣府主催のひきこもりイベント、公開講座「ひきこもりを考える」です。国が主催するという、その一点でのみ注目されました。私は行こうか行くまいか迷った末、当日とても寒かったという理由で行きませんでした。ひきこもり本人の行動としては正解でしたが、ひきこもり名人としては行っておくべきだったかなと反省しています。実際行ってもいないイベントをけなすのは気がひけるというものです。

 まず、ひきこもりの大きな流れをここでまとめておきましょう。

 働かぬなら いれてしまえ ヨットスクール 信長
 ↓
 働かぬなら 働かせてみよう ホトトギス 秀吉
 ↓
 働かぬなら 働くまで待とう ホトトギス 家康

 とひきこもりに対する態度も時代と共に変わっています。今はひきこもり江戸時代に差しかかる寸前であると私は認識しております。ひきこもり=犯罪予備軍の時代を経て、若者支援・職業訓練と働かせてみよう太閤秀吉な時代が長く続きました。でも、朝鮮出兵が大失敗に終わったように、ひきこもりを賃金労働へと駆り出す計画は大失敗であります。<続く>

文禄・慶長の役


この記事へのコメント

  1. 忘れがちですが、コロンブスアカデミーも
    ひきこもりを殺しているのですよ。
    なんでウザい親と一緒に自殺なんて
    するのでしょう。どんなに疲れ果てようとも
    爺婆と一緒に死にたくはないですなあ。
    8というのは、名前を入れずに書き込みをした際に、
    自動的に割り当てられるハンドルネームのようなものだと思ってください。

  2. あ、いや勝山名人の言葉を正すようなつもりではないのですよ。なんといいますかちょっとした謎解きのつもりです。きっと”殺してしまえ”という言葉は強いので使うのをためらわれたのだろうなぁと思ったわけです。コメ欄に書かれたのはなんら勝山名人が叩かれる理由にはならないでしょうから・・・。2chで晒し叩かれるのはしかたないことだと思いますが炎上とかになるのは避けたいところでしょうし。私はひきこもり関連といわずありとあらゆるサイトを追い出されてきた身なので、あー反感買われてるな~ってのはティンときます。以前はWeb上での日記の感想を名人にメールで送っていたりしたのですが迷惑だろうし米欄あるならそこで書いたほうがいいかなって思ったんです。だからコテハンにしたくなかったのですが、8ってなんですか8って、消し方教えてください。w

  3. あまりに良くできているので笑ってしまいました。こうやって流れで見てみると確実にひきこもりを取り巻く状況は良くなっているように感じます。政府が引きこもりのことを忘れていなかったと言う意味ではうれしく感じます。でも、親子ともども年老いて疲れ果てて自殺に至るケースもちらほら出てきていると言うニュースもあるそうです。

  4. 働かぬなら 殺してしまえ ヨットスクール 信長 ですな。だいぶ後になっても長田姉妹やら物置に監禁やらいろいろありましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です