全力ひきこもり

 7年間まったく働いていません。それだけではなく、就労活動もしていない。7年間、一度も求人雑誌を見なかった。ひきこもり界のノーヒットノーランを達成です。

 結果的には、ここ7年間を就労やアルバイトの為に無理してがんばっても、ほとんど働けなかっただろうし、無職期間が99%であったろう。何もしなくて良かった。生まれてはじめて、人生の選択肢を間違えなかった。ただ働かないだけでなく、求人雑誌すら手にしない豪快なかつちゃんを越える猛者はいるのでしょうか。スコアボード


この記事へのコメント

  1. 祝マッスルデー。
    ひきこもりの祭日です。
    就労に反応しなくなってこそ
    ひきこもり名人への一歩と言えましょう。
    履歴書の空白こそ、腕のいいひきこもり職人で
    ある証であるのにねえ。
    じたばたの果てに、安心ひきこもりライフがあるのです。
    恐怖に怯えてやってしまう、あれやこれはすべからく失敗に終わるのです。
    サブマリンというよりは完全に
    人間魚雷ですから、突撃あるのみです。

  2. >7年間、一度も求人雑誌を見なかった。
    敵の“制海権区域”の真っ只中にあっても、決して潜望鏡を上げようとしない
    「男前なサブマリン」っぽくてカッケェですッ♪

  3. まず、マッスルデーおめでとうございます。
    マッスルデーという新鮮な言葉を知ってからもう1年経ってしまったのですね。自分にとって、時間の経過は全く脅威でしかありません。
    そしてこの記事に関してですが、自分は学生をやめてから一度だけ、派遣会社に登録して働いた(働いてしまった?)ことがあります。まさにひきこもりやニートが世間から集中攻撃(言葉と視線でのリンチ?)を受けていた時分で、その激しさに恐れをなして思わず…という感じです。
    そうして無理やり社会に出た結果、ますます対人恐怖に磨きがかかったわけですが……。
    自分はまだまだ小者です。働いてもそうでなくても、頭の中は常にジタバタしています。勝山さんみたく泰然と構えていられるようになりたいですね。

  4. 面接官
    「この期間はなんで食ってたの?」
    ヒキ
    「あぅ~え~」
    撃沈
    一度ひきこもり期間があると、どこも雇いません。無駄な努力を徒労という。徒労を経験しないあんたは偉い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です