ひきこもり引退

 長持ちするものがきっと本当に自分にあったものなんだろう。ひきこもりとか、読書とか、ブログとか一生すると思う。もし、ひきこもりをやめるとしたら脱出や旅立ちではなく、「引退」だ。スポーツ選手ように、続けていく力がなくなった時だ。

 やりたくないことをやり続けるのは毒なので、石の上に三年などといわず、嫌なら二年くらいでやめてしまっていいと思う。自分の素質にあわないものは、がんばっても無駄だ。ちなみに五年以上続いたものは天からの賜物である、一生続けよう。Nagamochi_2


この記事へのコメント

  1. 継続で、失う力もけっこうあるような気がします。
    ボクはどこまで
    現役でいられるか試してみたいですねえ。
    一生現役いけるんじゃないですか、
    50万人くらは、生涯現役も可能だと思う。

  2. かなり高い確率で一生現役っぽい感じです。
    現役の方があってる気もしますが。

  3. 継続は力なり・・・という言葉がありますが、この世の中、結構継続しがたい事ってありますね。
    人間関係の悪い環境で束縛されながら過ごすとか・・・
    その状態から抜けることは、いけないこととされていますが、うーん本当はどうなんでしょう。
    本当は、一秒でも早くその場から身を引いたほうが良い場合もあります。
    多数派の人は、様々な状態がいつも、それはまるで携帯電話の1年契約のように、解約するとリスクがあると考えられているようです。
    でも、絶対に使わない携帯電話を年間割引にすれば安いから・・・いつかは使うかも知れないからという感じで、だらだら継続するのは、いかがかな・・・とも思えます。
    人生で遭遇する、自分に対しての不利な状況を継続すればいつかは!という、甘い常識的な状況に身を置くのは危険と思います。
    そのような時は、引退という考えは本当にいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です