いんぐりっしゅ来航

 甥っ子がチョコレートを英語でなんていうか知ってる? と聞くので、笑ってチョコレートはもともと英語だよと教えてあげると、違うよと言うのです。そして口をすぼめて、
「ちょーくりとぅ」
 と言いました。叔父さんは不動明王の顔になり、
「なにおう! しゃらくせえ」
 と甥っ子の頭に力道山チョップを何度もおみまいしてやりました。ひらがなもろくに読めないくせにと、ドメスティックバイオレンスです。

 甥っ子はキャッキャッいいながら逃げ回ります。昔から犬(dog)をダーグと発音する人間に、ろくな奴はいませんでした。非行少年の始まりです。子供が英語なんか覚えていちゃだめ。

 それが試験出る英単語を全部覚えて、そして全部忘れてしまった叔父さんが言える、たった一つのメッセージ。英会話教室イメージ


この記事へのコメント

  1. ふえん、平安朝時代をおもわせる
    やわらかな響きですなあ。
    もう5年もコンビを組んでいるので、
    どこを刺激すれば一番反応がいいか
    お互いに手の内を知り尽くしているのです。
    余程ねじくれていない限り、いい学校から
    いい会社に進むことがいいことであると思うのでしょう。
    これを叔父さんの権限でどうすることもできんのです。
    習い事をたくさんしている奴が
    すくすく育ったというケースを
    見たことがありません。
    公文とスイミングスクールが習い事のワーストだと思う。

  2. 小学校高学年くらいになるまでは
    あまり習い事などしないほうが
    いいと思います
    大事なときに勉強しなくなるから
    だそうです

  3. 甥っ子さん、英会話の勉強を始めたんですか。
    いい学校→いい会社→いい人生というつらくて無意味なエリート道を甥っ子さんが歩み始めたのでなければいいのですけど。

  4. わたくしが学生時代に中年の英語教師がいました。
    彼は『when』をいつも『ふえん』と思いっきり日本語発音で発音しておりました。
    おかげで、いまでも彼の『ふえん』が耳に付きまとい離れません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です