「若者自立塾」廃止

 蓮舫の仕分けっぷりとは別の片隅で、ひっそりとニート支援「若者自立塾」が廃止になっていた。よくやったぞ仕分け人。補助金にたかる、塾の経営者のための塾など無用。本当に支援する気があるなら、本人に自立支援金を直接手渡すべきだ。

 胡散臭い塾経営者が、現場の意見が反映されていないと反論していたが、ひきこもりの現場は塾ではなく、部屋の中だ。暗黒ひきこもり部屋の中身を熟知していない連中に、何もできるはずがない。こんなインチキに、毎年約3億7500万円を使っていたなんて。ひきこもりにお年玉をあげたほうがずっとましだ。ひきこもり寮内


この記事へのコメント

  1. 断固廃止するべきだと思いますぞ。
    若者の自立以前に、塾の経営者が
    自立できてないのですよ。
    ちみなに若者自立塾は毎年定年割れで
    一度として定員に達したことがないそうです。
    気狂いの道楽なのですよ。
    「若者自立塾」廃止万歳。
    補助金目当ての団体が、自立っていうのがどうかしている。

  2. ごめんなさい。こんな私でもコメントさせて下さい。
     若者自立塾の廃止理由はただ単にわれわれひきこもりが見捨てられただけかもしれませんが、それでも若者自立業者にお金が流れることが止められたことは良かったと思います。就職チャレンジ支援事業も同類と思います。ハローワークのワンストップサービス化がどのようになるのか生温かい目で自宅から警備したいと思います。

  3. 全く同感ですね
    「若者」などという用語をはじめ、ネーミングからも「ケツ叩いてやるぞ」的な意識が見て取れます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です