あかねで鶴見済さん

 あかねで、勝山実x鶴見済さん『安心ひきこもりライフ』出版記念トークをやりました。来てくれた人ありがとう。満員で、ひとりひとり充分なおもてなしが出来ず、たいへん申し訳ない。

 「アルコールは性格を明るくするクスリだ」という人格改造マニュアルの言葉に従って、強くないのに発泡酒をキュッキュッと飲んで、鶴見さんとトークイベントに挑みました。太宰治と鶴見済さんを尊敬している自分は、胃袋が縮むくらい緊張していたのです。がんばれたのはウコンのおかげ、ありがとうウコンの力。

 ひきこもりバイブルである『人格改造マニュアル』のこと、ネットで知り合った仲間と鶴見さんのイベントに出かけたことなど、昔話をとうとうと話した。私も、そして鶴見さんも「とうとうと話す」ひとなので、クロストークというか、会話が入り乱れるなんてことにはならない。秩序ある、とうとうトークの2時間。

 騒がしさが足りなかったのが不安になって、終わったあと、どうだった、おもしろかったと、聞いて周りましたが、みんな良かったと言ってくれたので、まあ安心しました。10年以上前からの鶴見ファンですから、鶴見さんの話は舞台の下で聞くものだという意識があって、どうも司会をして、仕切ってトークというのは、なかなかこっ恥ずかしいのです。

 満員だったあかねも、12時をすぎる頃には終電に乗ってみんな帰ってしまい、残ったのは6人。全員身内みたいなもので、お店と言うよりはぺぺさんの家。イスをベッド替わりにして、始発が走るまで、涅槃のポーズでトークをしていました。

 追伸、鶴見さんの新刊が6/22に出ます。タイトルは『脱資本主義宣言: グローバル経済が蝕む暮らし』。7/24にはロフトプラスワンでイベントをやると言っていました。楽しみですのう。


この記事へのコメント

  1. 鶴見さんは慈愛あふれる人格者ですよね。
    誰に対してもおだやかなところもファンにはたまらないのです。
    私もあかねという限られた狭い空間では
    ちょっぴり社交的だったりします。

  2. トークライブお疲れ様でした。おもしろいお話が聞けて楽しかったです。鶴見さんは初めて間近で拝見したのですが、大変おだやかで愛のある方だなと思いました。勝山さんのコミュニケーション能力の高さにも嫉妬しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です