Zoomでモアイ像にはなりたくない

 ポートレイト(肖像写真、人物写真)において一番やってはいけないことは、下から撮影することだと聞いております。下から撮っていいのは大仏とゴジラだけ。

 Zoomを使った、オンライン飲み会、オンライン会議をやるにあたって、私が気になったのもその点でした。

 Webカメラというは、たいていノートパソコンの枠の部分についています。つまりノートパソコンを机の上においてZoomをすると、もしくはスマートフォンを机の上においてやると、必然的にカメラは下から見上げる角度で撮ることなります。ポートレイトでタブーとされている、下からの角度です。

 Zoomに参加している人の何人かが、イースター島のモアイ像のようになっていることに心を痛めていました。下から人の顔を写すせいで、自撮りではありえない、Zoomモアイが誕生してしまったのです。

 カメラのレンズに最初に映るのが、アゴでしょ。しゃくれてないアゴも、下から写せばしゃくれて見えます。そしてエラ、鼻の穴と。そんなものをカメラのレンズに近づけて、写したいですか。

 いかがなものでしょう。根がスタイリストの私には無理なことです。そこでモアイ像にならないよう、Zoom環境づくりをしていました。必要なのは外付けのWebカメラとヘッドセット。ヘッドセットとは、サポートセンターの人がつけている、マイク付きのヘッドホンのことです。私もこの2つを用意してようやく、安心してZoomをやる勇気が出ました。すでに3回ほど、オンライン飲み会をしています。

 なまけ神の教え。モアイ像にならないためには、Webカメラの位置を目の高さに持ってくるといいぞ。これをやっておけば間違いない。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です