部屋の中にはマナケモノの精霊がいる

 私の部屋は、東向きの団地の1階で朝をのぞけば、大変日当たりが悪い。自分がひきこもりなのは、日当たりの悪さもその一因だと思っている。20年もこもっていると、部屋全体にマイナスイオンではない、純粋なマイナスののオーラが漂っている。ナマケモノの精霊のようなものが住んでいて、そいつが私にずっとユーチューブを何時間も見させているんだ。その証拠に、ドツボから抜けだそうと決心して、ファミレスに行くとやらなきゃいけない作業がばんばんはかどる。憑き物がとれたようにだ。

 今日はガストに行って、love寂聴をちょこちょこ作っていた。去年の7月に出したあと放置の状態、ナマケモノの精霊のせいで、今日まで何もできなかった。それがファミレスで作り始めると、一気に下書きのほとんどが出来てしまった、あとは家でパソコンでの入力作業だけ。いわゆる持ち運びできるモバイルパソコンは持っていないので、これだけはひきこもり部屋でやらなければいけない。

 家に戻ると、甥っ子兄弟が遊びに来ていた。ああ、これで何もできない。自由がない。甥っ子兄弟の、「ピッチャーとランナー」という遊びを見る役目をやる。時々セーフとかアウトなどと声をかけたり、タイムをかけて休憩を取らせる。それを30分くらいやった。ルールなき遊びの審判役です。審判は、老爺でも老婆でもいけないらしく、ひきこもりオジサンご指名です、じっくりと相手をしましたよ。そのあとはパソコンの液晶画面が壊れて以来、禁止されていた室内ドッジボールが解禁。つづけて室内野球、人生ゲーム、どうぶつ将棋など。トータル2時間。

 甥っ子長男坊から、おじさん明日は出かけるのか、と聞かれたので、午後に出かけるというと「じゃあ、明日は朝から来るから!」と言われてしまいました。私には自由がない。


この記事へのコメント

  1. 梅雨に入ってしまいました。
    ふかふかのお布団も貴重になります。
    マナケモノとはひどいですのう。
    どうしたら誤字脱字がなくなるんだろう。
    でもせっかくだから、そのままにしておきます。
    どうどうと間違えるとマナケモノという言葉に
    何か意味があるように思えてきますね。
    誤字脱字に関しては天然なんですよ。
    love寂聴、さきほど完成しました。
    発売が決まればブログでお知らせしますぞ。

  2. 名人さま。
    love寂聴の発行を首を長くしてお待ちしておりますものです。
    今は、精霊との戦いの最中でしょうか?
    お部屋で作業というところに一抹の不安と、もうできていてほんとは読めるのにぃ~という、思いが交錯しております。
    発売が決まりましたらぜひお知らせくださいませ。
    お待ちしておりまする。

  3. 記事を拝見する間に、自分もlivingdeadさんと全く同じ解釈をしていました(笑)
    それにしても、これほど自由がない状態ではナマケモノにはなれないような気もしますが……。

  4. 勝山名人。
    タイトルに
    ナマケモノじゃなくて
    マナケモノって書いてるよ。
    でも マナケモノを
    マイナスのオーラを出すケモノ 
    って意味に解釈することもできますね。
     

  5. まさかの甥っ子さん登場ですね。室内ドッジボールとは…ハードですね。うちも日当たり悪くて午前中しか布団を干せません。午後にゆっくりほせればいいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です