社会的信用のない人用カード

 ファミリーマート、すき家、マツモトキヨシの3店で「デビットカード」というのを使ってみました。初めてなのでおどおどと、びびりながらではありましたが、意外とすんなりと使えた。

 なぜ、にわかにこんな怪しげなカードを使い始めたかというと、それは、デビッドカードを3回使うと1000円キャッシュバックされるという乞食キャンペーンに参加するためです。浅ましいとはこういうことですな。

 ジャパンネット銀行のキャッシューカードには、おまけのようにVISAデビットカードの機能が付いています。これがどんな機能かというと、「クレジットカードのようなもの」なのです。お店で使うときも、店員に「クレジットカードで」と言って使います(デビットカードで、とは言いません。お店の人にとってはクレジットカードと同じ扱いだからです)。

 クレジットカードとの違いは、支払いが1回払のみであることと、銀行からすぐに引き落とされること(だから銀行に残高がないと使えない)の2点。それ以外はクレジットカードと同じです。アマゾンのようなネットショップでもVISAのクレジットカードと同じように使えます。

 いいじゃないか。収入がなく、社会的に信用がなくてクレジットカードがつくれない、申し込んでも審査で落ちる下々の人に最適なカードじゃないか。これなら審査無しで、ネット銀行のキャッシュカードに付いてくる。個人的に、自分がこれからもこれを使うかといえば、使わないのですが(なぜならクレジットカードを持っているから)、クレジットカードを持っていない人には、この似非クレジットカードはちょっとだけお薦めですよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です