瀬戸内寂聴ファンクラブ

 ひきこもりノイローゼをこじらせて、カウンセリングを受けた時やらされたことに、将来やりたいこと、夢を書くというものがありました。50個以上たくさん書いたうちのひとつが「ファンクラブに入る」というものです。

 ぱーぷる寂聴ファンとして、寂庵だよりを年間購読することにしました。月一回、小冊子が送られてきて2,500円は安い。早速、最新号である、7月号が送られてきました。発行が遅れているとのことです、じゃあthe寂聴なんてやめればいいじゃん、なんていう突っ込みはなしです。

 寂聴だよりに載っている巻頭エッセイのタイトルが「まだ生きている」。いたわるしかありません。ブログのような寂聴日記。人生相談のコーナーもある。回答は仏教の教えを適当に並べ立てたあと、「私の本でも読み、精神を高めてください」でしめるという素敵なもの。切りがないので、ここまで。寂庵だより


この記事へのコメント

  1. 一週間で届くのなら何の問題もありません。
    実際は完全に忘れたころに、ひっそりと届きました。
    愛があれば、なんでもご了承できるというものです。

  2. いやはや、いつも勝山さんの行動力の速さには関心させられます。
    いくら、お手頃価格をは言え、
    『★寂庵だよりはかなり不定期な発行状況になっております。あらかじめご了承ください。』
    『★およそ一週間ほどで、その時の最新号を送付させていただきます。一年間(12部)』
    かなり不定期でおよそ1週間ほどで、到着という、この案内をみてお金を振り込める勝山さんに男気を感じました。
    本当のファンと云う者は見返りを求めないものなのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です