富士山登頂成功

 ひきこもり虚弱体質でも富士山の頂上までは行ける。そのことを証明するために富士山に登ってきました。本日は、そのご報告です。もう体が動かないむん。Img063


この記事へのコメント

  1. 行動力なんてなくても、富士山は登れる。その証明なのです。
    信念を持って語尾にむんをつけています。
    自然には癒しの効果がありますよね。
    富士山は傾斜がきつく、酸素が薄いです。
    でも、大丈夫。ひきこもり中年男子でも大丈夫。その証明であります。
    登山家の多くがスポンサーの言われるがままに
    どす黒い人物と交流させられるんです。

  2. 富士山登頂、こんぐらちれいしょん!富士山に登れば、かなり煩悩をブッチギレそうですね。僕は今のところ外界に全く関心が向きませんが、元気になったら高尾山でも登ってみようかな。ひきこもりアルピニストという肩書もなかなか魅力的ですね。
    ちなみに、アルピニストの本家、野口健氏のブログをのぞいてみたら、「戸塚ヨットスクール、戸塚宏先生との対談」という記事が掲載されていました。残念ながら、野口氏は戸塚イズムに帰依してしまったようです。

  3. 無事登頂成功おめでとうございます!
    いやぁやりました!すごいです。
    僕らの希望の星です!
    富士山は、その高度から、普通の山と感覚が異なり、かなり空気が薄いと言われていて、高山病にかかる人がおられるそうで、断念される方もいらっしゃると聞きます。
    やはり日本一高い山なので、難易度も高いと聞きます。
    僕はまだ富士山に登ったことがないのですが、いつかは登ってみたいと思っています。
    横浜からでも、ここの所天気が良かったので、富士山が見え、夕暮れになるとシルエットが現れます。
    その山の頂に勝山さんがいらっしゃったと考えると、うれしく思います。

  4. 動かない「むん」!?……さ、最高です。すみません、自分的にツボにはまってついツッコんでしまいました。(誤字か何かですか?)
    それはさておき、
    登頂おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。
    自分も年々順調に(?)体力が落ち続けていて、最近の猛暑に打ちのめされています。ただ、調子が悪いのは街とか都会のように、人や人工のものがゴタゴタしている場所なのであって、山や森林といった自然の中に入ると途端に水を得た魚状態になったりします。こういうところで思う存分歩いたり動き回ったりした後の疲労感って、なんかいいですよね。

  5. すげー!
    その行動力はすばらしい。
    ひきこもり登山家、かっこいいですねえ。
    お疲れ様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です