ベーシックインカムの院内集会

 4月27日(水)に参議院会館でおこなわれたベーシックインカムの院内集会に行ってきました。でも、寝坊した私が到着したのは終了10分前くらい、ほとんど終りの時間でした。まさに天下の怠け者。「なんでこんな働かない奴にまで、お金をあげなきゃいけないんだ」、というベーシックインカム批判の王道のど真ん中に自分が位置していることを、恥じております。

 ほとんどの人が、働かない奴は生きる価値がない、そういう世の中しか知らない。学校に行っていない、会社に行っていないだけで人間扱いされない、そういう社会の中でずっと生きてきた。

 だから本来なら、ベーシックインカムを必要としている、ひきこもりや貧しい人の中にも、「反ベーシッククインカム派」がいるのです。


この記事へのコメント

  1. 努力する前の下ごしらえとしてもBIはお薦めですよ。
    まずは、福島県の避難生活をしている人から始めたい。
    子供のために遠くに移るにも、仕事を探すにも、家を探すのにも、
    何でもかんでも、継続的な生活保障なしにはできんでしょ。

  2. 私はBIには大賛成です。
    ただ、田中康夫氏の新党日本が導入に向けて頑張っているみたいですけど、望みは薄いでしょうね。
    民主党のリベ派や共産党・社民党にも推進して貰いたいんですけどね。
    私、神奈川在住なんですけど、この前の統一地方選で自民党の川崎市議候補者だった女(年増)が言っていた「汗が報われる社会を築く」という言葉に違和感と憤りを覚えています。
    これは、努力をしている人間だけが報われれば良い、という思想で、何もしていない(であろう)怠け者など気に掛ける必要は無いと言っている様なもの。
    石頭保守の言う「努力」をするのには相応の銭が必要な訳ですし、こういう石頭保守どもはどうしてそこから目を逸らすのでしょうね。
    諸々の事情で努力が困難な人間の事なんて全く頭に無い所が、いかにも自民党らしいです。

  3. 働いている人も、BI+給料になるわけですから
    年収700万以上の人でない限り、お得ですよ。
    悲しい世の中で、ベーシックインカムを訴えるのは
    なかなか難しい。ありえないと感じるのが、人情だと思います。

  4. ひきこもりや貧しい人の中にも反対派がいるというのは悲しいですね。
    「働かねばならない」「学校に行かなければならない」という「洗脳」を受けてしまってそうなってしまったのだと思います。
    なんて受け皿の小さい社会なんだろう…
    こんな社会のど真ん中で泣いても誰も助けてくれない。
    私は悲しい。
    私は貝になりたい。
    そして、硬い殻の中に閉じこもりたい。

  5. 勝山さんは、正直者だから人に好かれるのです。そして、それが2冊目の本を出す秘訣と見た。
    世間には、BIに関して知識もなく反発している連中がおりますが、民主党の国民皆年金も、元はといえば、きっとBIが土台になっているのではないか。いや、なっているはずだ。なっていると言わせてくれ。
    そんなわけで、私は働いても一生BIには賛成の立場でしょう。がんばれ、かっちゃん!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です