ツイッターはどうしたら楽しくなるのだろう

 ツイッターを始めてしばらく経ちますが、何が面白いのやら、いまだわからず、呆然としています。ブログ、mixi、ツイッターと、やり始めるタイミングが、どれも少しずつ遅いんだよなあ。マイナーからメジャーへ変化していくときの、盛り上がりを逃している。流行りものの後追いなんだ。

 ツイッターの新しい楽しみを開発しよう。今は、無駄なつぶやきのない、面白いツイートがずらりと並ぶ、「完璧なタイムライン」を作り上げるという実験をしています。リストとかは認めません。ゆるいつながりの中から、かりっとしたつぶやきを集めて、一本の黄金のラインを作る。しかしなかなか難しい。あまり熱心でなく、面白いことがあったときだけ、つぶやくタイプの人を探して、フォローするという探索をしています。

 でもやはり確実に面白いのは、知り合いのつぶやきですよね。実際にあったことのある人のつぶやきは相手の顔や声、しぐさが容易に想像できる分、ちょっとしたつぶやきにも厚みが増し面白い。140文字のつぶやきというけど、みんな20文字くらいしかつぶやかないのはどうしてなんだ。140文字プリーズ。


この記事へのコメント

  1. 帰宅なうをつぶやけるひとの勇気がうらやましいですね。
    昔いた大声で、携帯電話で話をしているオヤジの声が聞こえちゃってる
    あの感じが、ツイッターのどこかにひそんでいるんです。
    やっぱ回文ですか。ネットでは批判ではなく
    共感でつながるのがマナーですよね。嫌なら見るなの世界ですから。
    そう、みんな短い。140文字に凝縮している人なんて
    ほんの少しでしょ。余ってるんですよ文字数が。

  2. なんなんでしょうねアレは…とりあえず自分の美意識としては、
    語尾に「~なぅ」とつけるくらいなら、ヘドロ同然の
    道頓堀川に飛び込んだほうがましです!凸(`Д´メ)
    誰にフォローされているかより、誰をフォローしているかを見ると、
    その人の趣味・傾向・イデオロギー(笑)etc、いろいろわかって。
    それで、自分と合いそうだな…自分の興味がある分野の情報を
    教えてくれそうだな…と感じられたら、自主的にフォローして。
    まあだいたいそんな感じで。
    でもやっぱり、実際に会ったコトのある人のツイートが面白い。
    だが確かに、短い! 「@某 おは~」「@某 あざーす」は、
    むしろ第三者には意味不明だから、140字めいっぱい書いてよ…[E:danger]

  3. 【回文】とかすると面白くなりますよ。勝山ママンの行動を逐一つぶやいてあげたらどうでしょうか。あと人様のアイコンを残念だなどと忌たんのない意見を述べたりするとブログのアクセス数が爆発的に伸びてランキング上位になったりします。私はといいますとつぶやきもこんな調子だったのでTwitterがメジャーになるまえに厳しい批判が多くなっていづらくなって辞めました。ほろにがいひきこもりメモリーがまたいっこ増えました。

  4. わたくしも同じ悩みでございます。
    始めてはみたものの特につぶやく事もなくおざなりになっております。
    わたくしの「腹が減った」だの「~なう」なんてだれが聞きたいんだよと思うとつぶやけないのでございます。
    日記ならば、自分の思いのたけをぶちまけたり、独りよがりな内容でも私自身許せるのですが、twitterでつぶやいてみても独り言をうっかり他人に聞かれた感じがしてとても恥ずかしいのです。
    TBSで革命テレビというtwitterと連動している番組を見ましたが、クソおもろなかったです。
    やはり、私の様な人間はメールのやり取りか日記でひっそりつぶやくのがいいのかなーと最近思いはじめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です