ふるさと♪

 家でおたけびを上げ続けている、寝たきり要介護5の老婆ママンですが、外ヅラだけは良くしたいという見栄は残っているのでしょう、ヘルパーさんが来ている時だけは、礼儀正しくというか、せめて人間らしくと思うのかは分かりませんが、おたけびをあげず、静かにしております。

 本日はリハビリの日、と言っても、もはや病状が進み体は動きません。リハビリでは食事をするために必要な口の筋肉を鍛えるのみです。舌を出して上に下へ、右へ左へと動かすというリハビリをします。

リハビリ
 リハビリと言うと聞こえはいいのですが、やっていることといえば舌を出して、バカな表情をするという、コメディアンでもやらないような、いないいないばあの顔を次々と繰り広げるのです。これを見栄の塊である老婆ママンが、赤の他人の若いヘルパー相手に、積極的やるずもなく、リハビリは遅々として進みません。

 でもそこはプロ。ヘルパーさんも恥ずかしがる老婆の気持ちを察し、すっと別のやり方にきり変えてきました。それじゃあ、大きく口をあけて歌を歌いましょうか、何がいいかなー、ふるさとにしましょう、といって歌い始めるのです。

 「うーさーぎおーーいし♪ かーのーやーまーーー♪」

 ヘルパーさんの声が勝山家にこだまします、が、肝心の老婆の声は聞こえてきません。

 「こーぶーなつーーりし♪ かーのーかーわーーー♪」

 ヘルパーさんの独唱が響き渡ります。……うるせえなあ、この家では絶えず誰かが騒いでいる。いたたまれなくなった私は外に出ました。つらい、つらい、うるさくて家にはいられない。そうだ、図書館に行こう、図書館だけが私の居場所だ。歩いている間、ずっと心の中で歌のメロディが流れているのです、それにあわせて私も口ずさみました。
 「わーすーれーがーたき♪ ふーるーさーとーー♪」

 


この記事へのコメント

  1. おたけびを聞かされるのはつらいですが、
    まあ、なんとかやっております。[E:#x1F419]
    ふーけゆくー♪ あーきのよー♪
    いいですよね。[E:#x1F419]

  2. ひょっとしてママンとの生活が辛いのですか?
    私の先輩であらせられる勝山さんには
    沢山情報提供が欲しい次第です。
    ちなみにうちの両親は別居していますが
    親父は引きこもり
    母親は全身転移の癌ですが、元気そうです。
    なんだか勝山さんの生活つらそうで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です